神待ち娘とヤり放題!神待ち掲示板の基礎知識と口説き方のポイント

神待ち掲示板というのは、神待ち、すなわち自分を金銭的に援助してくれる人物が現れるのを待っている女性らが、書き込みをしたり、書き込みをしている男性に連絡を入れたりして相手を探すための場所です。出会い系サイト内の掲示板を、神待ちにも使えることから「神待ち掲示板」と呼ぶこともあれば、登録不要のネット掲示板がそのように呼ばれることもあります。その相手を探すことができる掲示板の総称が、神待ち掲示板であるわけですね。あなたがもし、家出をしている女性と知り合いたい、お金に困っている人を助けたいというのであれば、それらの掲示板を利用するのがよいでしょう。

神待ち掲示板を通じて知り合った女性とは、セックスをすることになります。お金だけ払って何もなし、というのはあんまりですよね。もちろんそれは女性のほうもわかっています。ですから、それらの掲示板で知り合った女性とは、とくべつエッチの約束をしなかったとしても、会えばセックスすることがほぼ確定します。手っ取り早くセックスしたいときには、神待ち女性に連絡を入れるのがよいのです。

援助の金額は、大体のところホテル代別で2万円。本番ができるわけですから、風俗などと比べるとかなりお安くなっていますね。だからこそ神待ち、援交はなくならないのでしょう。

出会い系タイプの神待ち掲示板とは

神待ち掲示板は、出会い系サイト的なものと、ネット掲示板的なものとに分かれます。両者はどう違っているのでしょうか。まずは出会い系サイトのほうから見ていきます。出会い系サイトは、登録が必要で、多くの場合有料であり、年齢確認は(優良サイトでは)必須とされています。掲示板に投稿したり、書き込みをしている女性にメッセージを送ったり、プロフィールを検索したりして相手を探していくのです。

出会い系サイトの掲示板は、目的別に分けられており、エッチ系の出会いを求める掲示板には、援助交際の誘いが上から下までびっしりと書き込まれています。神待ちというのは本来、家出をしている女性らが使うものですが、最近ではより範囲を広げて、お金に困っている女性全般に使われるようになりました。その広義の意味でいえば、出会い系のエッチ目的の掲示板は、間違いなく「神待ち掲示板」ということができるでしょう。実際、家出をしているという女性を見ることもありますし、神待ち女性と知り合いたいのであれば、出会い系にはとりあえず登録しておきたいところですね。

また、出会い系は掲示板以外にも様々な便利機能のあるのが特徴です。たとえばプロフィール検索。これはある条件を設定して、それに該当する女性をピックアップできる機能なのですが、フリーワードに「家出」「助けて」「神」といった単語を入れて検索をかけてみましょう。そうすると、神待ちをしている女性をピンポイントに探し当てることが可能なのです。都市部となれば掲示板には毎日多数の書き込みがあることと思います。そうすると、新しい書き込みに埋もれ、家出をしているような子が中々見つからないということもあるでしょうが、プロフィール検索をすることでその問題も解決します。

このように出会い系では様々な方法で相手を探すことができます。出会い系というだけあって、出会いを探すのに特化しているんですね。ただし機能的にはメリットばかりですが、デメリットもあります。それはまず料金がかかってしまうこと、そしてもうひとつ、悪質なサイトも多いことです。悪質サイトについては後述しますが、出会い系サイトの料金、これをどうしても払う気になれないという方も多いのではないでしょうか。確かに、女性と出会ってからもお金を使わなければいけないのに、どうしてサイトなんかに金を払わなくちゃいけないんだと思う気持ちはわかります。

しかし出会い系サイトの料金は、あくまでそこが優良サイトであればですが、1000円2000円あれば数人の女性と会うことが可能です。セフレや恋人を作るとなれば別ですが、あなたは神待ち女性を狙っているわけです。それはつまり援交を求めているということですから、相手を見つけるのはそう難しいことではありません。金をくれるならセックスさせてあげると言っている女性はサイトに数え切れないほどいます。お金を稼げるのなら誰とでも寝る、一日に何人とでも寝るという女性も多いでしょう。

要するに「金をやる」と言う男性は出会い系サイトでは非常にモテるんですね。むしろ向こうから寄ってくるくらいだと思われます。条件と待ち合わせ場所、日時、服装、それらを確認するだけで会うことができるので、メールの費用としてかかるのは女性一人あたり300円から500円くらいです。多くても1000円はいかないでしょう。神待ちをしている女性を助けようとしている人にとって、このくらいの金額を支払うのはまったく問題ではないと思います。すぐにでも出会いを見つけられるのですから、その手間賃と考え、料金を支払い、サイトを利用してみることを検討してもよいのではないでしょうか。

もちろん向き不向きがあるとは思いますが、一度使ってみれば、びっくりするくらい便利なことに気づきますよ。

ネット掲示板タイプ

出会い系サイト的な神待ち掲示板に対して、ネット掲示板タイプのものは、登録不要、無料で利用することができます。2ちゃんねる等と同じようなものですから、それをイメージしていただければよいでしょう。ただしそれらは、神待ち掲示板と検索すればヒットするものではありません。ネット掲示板タイプのものは、もともとは別の目的にあった掲示板が、管理人に放置されたことなどによって無法地帯と化しているものを指すのです。

たとえばメル友募集とか、チャット的な使われ方をするものとかが、今は神待ちをするのに利用されている。そういうのが本物の神待ち掲示板なのです。それは簡単に見つかるものではありません。いくつものサイトをまわって、中を覗いて、を繰り返していかないといけないのです。出会い系サイトに登録したほうが手っ取り早いのですが、もしネット掲示板タイプのものを発見できれば、そこは秘境のように、知る人ぞ知るという感じで利用されているのでしょうから、ひとりの女性にアプローチしたとき、ライバルが少なく、レベルの高い子でもゲットしやすいという大きなメリットを得られます。何よりも見た目を重視するという男性は、出会い系を使いながら、このような掲示板を探していくとよいでしょう。

ただしひとつ注意しなければいけないのは、ネット掲示板は登録不要で、もちろん年齢確認も不要で利用することができますから、18歳未満の少女が出入りしている可能性もあるということです。それがいいんじゃないか、なんて言い出す男性もいるかもしれませんが、児童買春はばれると本当にシャレにならないので、やめたほうがいいですよ。法律上、18歳に達していれば高校生であってもセックスしてOKでありますから、JKを狙うのでもあくまで合法的にやれる子と連絡を取ることです。

その子の年齢が危ういと思ったら、会ったときに必ず年齢を確認させてもらいましょう。身分証明書を持っていないなどとごまかされたら、年齢を偽っている可能性が高いです。危険なので絶対に手を出さないように。警察にばれるのもそうですが、その少女に強請りのネタを与えてしまうのも恐ろしいことです。「レイプされたと訴える」と言われたら、どうしますか。そのうえで金を要求されたら?

18歳未満の子がそのように警察に訴えれば、まず間違いなくあなたは逮捕されます。まずは条例違反容疑、機を見て強姦にスライドという感じでしょうか。世間の風当たりも強く、あなたの言うことはおそらく誰も信じませんし、もしかしたら本当に強姦罪で起訴されるかもしれません。それが嫌ならお金を払うしかないというわけです。実に恐ろしいですね。そういったリスクを回避するという意味でも、18歳未満の子とは関係しないほうが身のためです。

とにもかくにも悪質サイトに注意!

神待ち女性を探すときには、当然出会い系サイトは手段のひとつになってきますけれど、ひとつ注意しなければならないことがあります。それは、先にも触れましたが、出会い系には悪質なところが非常に多いということです。

悪質サイトというのは、サクラを使って男性にポイントを消費させ、課金するよう仕向けたり、迷惑メールを大量に送りつけたり、架空請求を行ったりするサイトのことです。それらのサイトは、サクラ(男性とメールをする仕事に就いている人)ばかりですし、そもそも女性が登録できないようになっていたり、出会い系としての申請を済ませておらず、「出会える」と言いながら利用規約には「出会いを求める発言は禁止」などと書かれていたりもします。出会いというのを餌に男性をおびきよせ、金を騙し取るのが、悪質サイトなのです。

それらの悪質サイトに登録しても、出会いを探すことは不可能です。神待ち女性と会うどころか、メル友ひとつ作ることはできないでしょう。優良サイトに登録しないことには、そもそも出会えないので、神待ちであれなんであれ、女性と会いたいと思うのなら、悪質サイトの特徴を覚え、登録しないように気をつけることが大事です。

特に「神待ち掲示板」という名前のサイト。これには注意してください。掲示板と言いながら、実態は出会い系サイトであり、登録が必要で、有料である。この時点で、名前と実態が一致していないわけですから、そこに利用者を騙そうとする意図が見て取れます。詳細に調べてみると、それらのサイトは案の定、悪質サイトの特徴を具えているものです。登録しないほうがよいでしょう。

では悪質サイトの特徴は何か。それは料金が高額であることと、他サイトへの同時登録があることです。まず料金についてですが、悪質サイトでは、メールを読むのも送るのも有料とされていたり、1通送るのに200円以上かかったり、連絡先の交換が3000円程度とされていたりと、かなり料金が高額です。優良サイトですと、メールを読むのは無料で、送るのに1通50円前後、連絡先の交換は無料とされているので、悪質サイトの料金がいかに高いか、おわかりいただけると思います。

もうひとつの特徴が同時登録です。これは、そのサイトに登録すると他の有料サイトにも勝手に自動的に登録されるというもの。登録した覚えのないサイトから大量にメールが届くといった経験をしたことのある方も多いと思いますが、その原因のひとつが同時登録なのです。一気に20くらいのサイトに登録されるのが普通なので、メールボックスが迷惑メールで一杯になってしまうのも仕方のないことなんですね。

料金と同時登録の有無については、利用規約を見ることで明らかになります。試しに、神待ち掲示板といった名前の出会い系サイトを調べてみてください。高額な料金、同時登録、そしてそもそも「出会いを求める発言」が禁止されているなど、悪質サイトの特徴が必ずひとつは当てはまるはずです。絶対に登録しないようにしてくださいね。

ちなみに、登録前に利用規約が見られない、料金の確認ができないというサイトは、悪質確定です。目立たないところに表示しているというのもダメです。そのようにするのは後ろめたいことがあるからなんですよね。利用規約や料金の確認が容易であり、わかりやすいサイトに登録するようにしましょう。優良サイトに登録したら、いざ、神待ち女性を探していきます。

神待ち女子を口説くポイントとその方法

みなさんは、ちょっとした悪戯に、女性のふりをしてネット掲示板に書き込みをしてみたことはありますか? たとえば「困っているから助けてほしい」と女性のふりをして書き込んだ場合、一時間もしないうちに何十件というメールが届きます。その全部が、援交の相手に立候補するという内容です。出会い系サイトは登録制のため、それほど多くのメールは届きませんが、いずれにせよ神待ちをしている女性を狙うのでもライバルはそこそこいるということです。

私が以前ネット掲示板に女子高生として書き込みをしたときは、なんと男子高校生からも立候補の声があがりました。若くて元気のいい男がライバルとなることもありえそうです。
そんなライバルたちを出し抜いて彼女と会うには、とにかくその子を安心させてあげること、そして申し出の条件にちょっと気持ちを上乗せしてやることです。神待ちをしている女性は、自らそういう道を選んで、掲示板なり出会い系なりを使っているのですが、見知らぬ男性と会う、密室に二人きりになる、セックスをするというのは勇気の要ることですし、彼女らはそのことに不安を抱いているのです。ですから、たとえば「嫌になったらすぐ帰っていいからね」「お金はちゃんとあげるからね」などと言葉をかけ、信頼してもらえるように努力してください。それは出会いの確率を高めるためにも重要なことです。信頼できそうな人と優先して会うのは当然のことですから。

続いて、援助の額や方法について。おそらく女性らは自らが求める額や施しを提案してくるでしょうが、あなたはそれを聞いたうえで、それ以上のことをしてあげると言いましょう。大半のライバルたちは、なるべく安くセックスをしようと、彼女の出す条件をそのまま呑むと思われます。そこで自分だけ、もうすこし待遇を良くするといえば、出会いに有利なことは間違いありません。

公開日:
最終更新日:2016/04/15